2015年1月26日月曜日

Galaxy NexusにAndroid 5 Lollipopをインストールする

Android 5 Lollipopに対応したアプリケーションの開発やテストを実機で行うために、Galaxy NexusにカスタムROMを突っ込んでみた。

Android 5搭載端末と言えば、Google - Nexus 6かLG - G3かエミュレータか…どれも若干高いし、やっぱり実機が欲しい。

ちなみにGalaxy Nexusは¥15,000〜¥17,000くらいで手に入る!

やること


前提として、作業するPCにAndroid SDKをインストールしておくこと。
adbコマンドとfastbookコマンドを利用するので、$SDK_HOME/platform-toolsにパスを通しておくと便利。
  • ブートローダーのUnlock
  • TWRPの導入
  • ROOT化
  • 全パーティションのバックアップ
  • ROMのバックアップ
  • カスタムROMの導入

とりあえず


PCと端末をUSBケーブルで接続し、adbコマンドが実行出来る状態にしておく。

ブートローダーのUnlock


※この作業を行うと端末のデータが初期化されるため、必要に応じて先にバックアップを取得する必要がある。

まず、PCのターミナルで下記のコマンドを実行する。もしくは、電源ボタンとボリューム+/-ボタンの両方を押しっぱなしにして電源を入れる。
./adb reboot bootloader
上記の画面が表示されたら、ターミナルで下記のコマンドを実行し、Unlockする。
./fastboot oem unlock
確認画面が表示されるので、ボリューム+ボタンで選択し、電源ボタンで決定する。
うまくいけば下図のように、LOCK STATE - UNLOCKEDとなる。

TWRPの導入


TWRP(Team Win Recovery Project)からTWRP for Galaxy Nexus GSM [maguro]を辿って、imgファイルをダウンロードしておく。ここでは「openrecovery-twrp-2.8.4.0-maguro.img」を利用。

ブートローダーを起動した状態で、ターミナルから下記のコマンドでTWRPを起動する。
./fastboot boot ~/Downloads/openrecovery-twrp-2.8.4.0-maguro.img
起動画面はこんな感じ

ROOT化


TWRPのRebootメニューからSystemを選択すると自動的に端末が再起動して、SuperSuのインストールを促されるので指示に従えばOK。

全パーティションのバックアップ


念のため、全パーティションのバックアップ(userdata除く)を行っておく。まずは、ターミナルで下記コマンドを実行し、パーティション一覧を取得する。
./adb shell
cd /dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.0/by-name
ls -l
こんな感じで表示される。
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 boot -> /dev/block/mmcblk0p7
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 cache -> /dev/block/mmcblk0p11
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 dgs -> /dev/block/mmcblk0p6
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 efs -> /dev/block/mmcblk0p3
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 metadata -> /dev/block/mmcblk0p13
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 misc -> /dev/block/mmcblk0p5
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 param -> /dev/block/mmcblk0p4
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 radio -> /dev/block/mmcblk0p9
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 recovery -> /dev/block/mmcblk0p8
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 sbl -> /dev/block/mmcblk0p2
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 system -> /dev/block/mmcblk0p10
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 userdata -> /dev/block/mmcblk0p12
lrwxrwxrwx root     root              2015-01-23 03:43 xloader -> /dev/block/mmcblk0p1
さらに、下記コマンドを1つずつ実行して、バックアップを行う。※mkdirで作成しているディレクトリ名を変更する場合や、上で取得したパーティション一覧に相違がある場合は、適宜コマンドを変更すること。
cd /sdcard
mkdir partbk20150123

dd if=/dev/block/mmcblk0p7 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p7_boot bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p11 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p11_cache bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p6 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p6_dgs bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p3 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p3_efs bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p13 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p13_metadata bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p5 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p5_misc bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p4 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p4_param bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p9 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p9_radio bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p8 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p8_recovery bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p2 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p2_sbl bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p10 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p10_system bs=4096
dd if=/dev/block/mmcblk0p1 of=/sdcard/partbk20150123/mmcblk0p1_xloader bs=4096
大体20分くらいはかかるので気長に作業を行う。

ROMのバックアップ


TWRPを起動してメニューのBakcupを選択する。対象項目(System、Data、Boot)をチェックして「Swipe to Back Up」をスワイプする。10分くらいでバックアップが完了し、Backup Completeが表示される。

画面に表示されたパス(/data/media/0/TWRP/BACKUPS/01498B2D17012007/2015-01-22--21-20-46 JDQ39.SC04DOMMD4/といった場所)にバックアップが作成される。

カスタムROMの導入


今回は、FML(Fork My Life)のAndroid Lollipop版を焼くので、下記2つのファイルをダウンロードしておく。

※ファイルについての詳細は、[ROM][5.0.2/LRX22G][AOSP][LINARO/OPTIMIZED] FML: Fork My Life (2015/01/08) - xdadevelopersを参照されたし

ダウンロードしたファイルは、ターミナルから下記のようにして端末へ転送しておく。
./adb shell
cd /sdcard/
mkdir tmp
exit

./adb push ~/Downloads/FML-AOSP-5.0-20150108-maguro.zip /sdcard/tmp/
./adb push ~/Downloads/pa_gapps-modular-micro-5.0.1-BETA12-20150116-signed.zip /sdcard/tmp/
次に、現在のROMを消す。TWRPを起動し、Wipe->Advanced Wipeを辿って以下を選択し「Swipe to Back Up」をスワイプする。
  • /data
  • /system
  • /cache
  • dalvik cache
最後に、TWRPのメニューからInstallを選択し、/sdcard/tmpのFML-AOSP-5.0-2015018-maguro.zipを選択する。

Installが完了したら、TWRPのメニューに戻ってInstallを選択し、/sdcard/tmpのpa_gapps-modular-micro-5.0.1-BETA12-20150116-signed.zipを選択する。

完了後にSystem Rebootする。最初の1回は、アニメーション表示のまま固まって困ったけど、電池を抜いて再度電源を入れたら問題なく起動した。

1 件のコメント:




  1. Holiday Palace Online games that make money that anyone interested in playing every day.



    Holiday Palace Online gambling games Baccarat Online Thirteen Card Stud Game Online Poker Dice Lying Online Slots Online Roulette Online And other gambling games. Many more. Our online casino has opened the player to play casino games with our online casino.

    Our gambling games are gambling games that play live. Make money with these players at any time to play gambling games with our online casino. And our game is to let the gambler enjoy our online gambling games 24 hours a day. However, when the gambler wants to play gambling games to earn money for himself, he quickly applied to play casino games with our online casino. It is when the player to play gambling games with our online casino, the gambler must be fascinated with the gambling games that our online casino is open for sure.

    However, when the player wants to make money for himself. Invite the player to have fun with our online gambling games here. ทางเข้าคาสิโนออนไลน์

    返信削除